仕事辞めたい理由がうつ病の場合は働き方を見直すことが大切

仕事辞めたい理由がうつ病の場合は働き方を見直すことが大切

20view

2018.08.02

仕事辞めたい理由がうつ病の場合

仕事が理由でうつ病になる

職場が合わないという理由で、うつ病になることがあります。それは職種そのものが合わずにうつ病になるのかもしれません。例えば、人とのコミュニケーションが苦手なのに接客業を行っているような場合、自分の心に負荷がかかりすぎてうつ病になってしまいます。

また、仕事の人間関係に疲れてうつ病になる人もいるでしょう。上司が怒りっぽい、職場の同僚からいじめを受けてうつ病になることもあるのです。仕事が合っている・人間関係が良好にも関わらず、忙しすぎてうつ病になる方もいるかもしれません。忙しくて心をすり減らしてしまうなど、そのようにしてうつ病になるのです。

うつ病の怖さ

うつ病は非常に怖い病気です。気分が落ち込む、理由もなく悲しいなどの抑うつ状態が続く他、思考力が働かず集中力が続きません。注意力散漫で人の話をすぐに理解できない場合もあります。また、意欲も低下し、今まで好きだったことにも興味が持てなくなることもあります。何もかもが面倒になり、身だしなみに気をつけることができなかったり、部屋の掃除もできなくなったりするのです。

うつ病は体にも異変が表れます。睡眠がうまくとれず、眠い状態が続きます。食欲が低下する、甘い物を欲するという症状もあるでしょう。その他にも、いつもだるくて倦怠感に悩まされます。勃起不全や月経不順という形で表れる場合もあるでしょう。頭痛や肩こり、便秘、胃の痛みが起こることもあります。

そうした心と体の不調が続けば、ベッドから起き上がる意欲も起こらなくなることがあります。死ぬことを頻繁に考えて、実際に自殺を企ててしまうこともあるほどです。そのため、うつ病になったなら、無理をしてはいけません。まずは心身ともに休むことが大切でしょう。

うつ病になったらどうするか?

うつ病になって仕事を辞めたい場合、まずは今働いている仕事を休職しましょう。自分の有給休暇で休むこともできますが、うつ病は労災が認められる病気です。きちんと診断を受けて、まずは仕事を休む必要があるでしょう。

その後は、自分の働き方を改善する必要があります。職種そのものが合わないようなら、別の職種に変えられないか上司に話してみましょう。人間関係が大変でうつ病になったのなら、違う人たちと働くことはできないかを相談してみましょう。

また、忙しすぎてうつ病になってしまったのなら、残業時間を減らすことはできないかなどと掛け合ってみましょう。

転職もよい方法

しかし、こうしたことを会社に相談して働く環境を変えることができないのなら、転職を考えるのが得策です。転職をしてうつ病を克服し、生き生きとした毎日を送れるようになった人は大勢います。休んでいる間に転職エージェントに相談して、再びうつ病にならないように対策することが大切でしょう。

転職エージェントは、条件の良い仕事を紹介するだけではなく、今後の働き方にあったサポートをしてくれます。職種そのものが合っていない場合は、自分にどんな職種が合っているかのアドバイスももらえるでしょう。ゆったりと地方都市でスローライフが送りたければ、そうした仕事を紹介している転職エージェントもあります。あるいは自分の働き方に合った仕事量についても相談できます。

このようにして、自分に無理のない働き方をすることでうつ病を克服して、生き生きとした毎日を送ることができるでしょう。

仕事を辞めたい理由がうつ病の場合は働き方を見直す

仕事を辞めたい理由がうつ病の場合についてお伝えしました。抑うつ状態が続くなら、まずは診断をきちんと受けて仕事を休んでください。その後は再びうつ状態にならないように働き方を見直します。

現在の職場で環境を変えることができればそれも良いでしょう。しかし、職場の環境が変わらないならば、再びうつ病にならないように転職するのが良いです。転職エージェントは条件の良い仕事だけでなく、希望とする働き方に合った仕事を紹介してくれます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る