仕事をやめたいと感じるのは甘え?転職に悩む人へ伝えたいこと

仕事をやめたいと感じるのは甘え?転職に悩む人へ伝えたいこと

19view

2018.08.02

仕事をやめたいと感じる理由

職場の人間関係

どのような仕事であっても人とのコミュニケーションは必要なものです。それが対面であれ、電話やメール、チャットツールのような方法であったとしても、人と関わりを持つということに変わりありません。

しかし、仕事上の付き合いとはいえ全ての人が同じ価値観や考え方を持っているとは限りません。些細なことから軋轢が生まれ、人間関係がこじれてしまい、それが仕事に影響を及ぼすこともあります。仕事上の付き合いだからといって割り切って接することは頭では分かっていても、実行することはなかなか難しいものです。

仕事に大きなストレスを感じ、今すぐにでもやめたいと感じている人の多くは職場の人間関係がうまくいっていないというケースがほとんどです。そして、そのような軋轢によって仕事そのものがうまくいかず、結果的に仕事が楽しくないと感じてしまいます。

会社の待遇が良くない

仕事をやめたいと感じるもう一つの理由として、給料が安かったり、慢性的な長時間労働を強いられているといった待遇の悪さを挙げる人も多い傾向にあります。

待遇の悪さが根本にあると、「このまま今の仕事を続けていても何もメリットがない」と感じます。将来に対する焦りや不安だけが増幅され、日々の暮らしを送るうえでも金銭的にギリギリの生活を強いられます。そのような大きなストレスや長時間労働を続けていると、やがて精神的な疾患や重大な病に冒される危険性もあります。

会社の待遇や将来の展望が見えないことに焦りを感じる人は、決して甘えではなく自分の将来を真剣に考えていることの表れでもあります。ただ目の前の仕事をこなし、漠然と会社にしがみ付くのではなく、自分のやりたいことや将来の姿をきちんと考えている人であるといえます。

仕事をやめたいことを甘えだと考えている人へ

悩むより何かの行動を起こす

会社をやめるという決断は一人で決断できないという人も多いことでしょう。家族や友人、会社の同僚など、さまざまな人に相談して意見を参考にすることも時には重要です。

中にはあなたの悩みを理解してくれず、「それは甘えだ」と否定してくる人も少なくありません。また、そもそも自分の抱えている悩みが真っ当な悩みなのか単なる「甘え」なのかが分からないという人もいることでしょう。

しかし、自分自身にとって仕事は辛いものであり、実際にやめたいと悩むほどに苦痛に感じていることは確かです。そんなときは転職を視野に具体的に行動を起こしてみましょう。まだ転職をすると決めたわけではない場合であったとしても、世の中のさまざまな企業の求人を調べてみるだけでも前向きな気持ちになるはずです。

転職サイトの多くは「エージェント」とよばれる転職活動をサポートしてくれる担当がいます。今の仕事の悩みを正直に打ち明けてみると、また明るい未来が切り拓けてくるかもしれません。

仕事を辞めることは甘えではない

もしも今の仕事をやめる決心をしたときに、周囲の人間から「甘えだ」といわれたとしても自分の信念を貫くことが大切です。「他の会社に行っても同じだ」とか「今の会社で通用しなかったら他の会社では無理」といったような言葉を投げかけられることもあるかもしれません。

しかし、そもそも人間同士に相性があるように企業と従業員の中にも相性は存在します。それぞれの社風や従業員の気質など、その人にどうしても合わないと感じるケースは少なくありません。

ずっと同じ会社で勤め続け、体調を壊したり精神的にボロボロになるまで働くよりは、少しでも今の状況を改善したいと前向きな気持ちを持つことのほうが何倍も大切です。

仕事をやめることは決して甘えというネガティブで消極的なものではなく、自分自身が今の状況を変えたいと潜在的に願っているポジティブな思考であることの証明です。少しでも今の状況を変えるため、一分一秒でも早く何かの行動を起こしてみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る