仕事辞めたいのに親が反対する!理由を知って対処する

仕事辞めたいのに親が反対する!理由を知って対処する

59view

2018.08.02

仕事辞めたいのに親が反対する

仕事辞めたいのに親が反対する理由

仕事を辞めたいのに親が反対する理由は様々です。1つは最初の仕事が安定する仕事だった場合、安定する仕事を失ってほしくないという気持ちです。親は子どもが経済的に安定していることを望みます。

大企業に勤めた場合は、親にとってもうれしかったでしょう。公務員がもっともよいと考えている親も多いです。そして、転職したところで再び安定した職に就けるかはわからないのです。ですから人生の先輩として反対していることが考えられます。

さらに、転職に対してマイナスのイメージを持っているということもあるでしょう。親の世代の人は1つの仕事に就いたら、ずっと定年まで働き続けるのが普通でした。転職をするのは、堪え性がないと見なす時代もありました。ですから子どもが単に仕事が嫌になって転職を考えているのではと感じるのです。

転職したい理由をきちんと伝えよう

親が転職に反対しているときに説得する方法は、親にきちんと仕事を辞めて転職したい理由を伝えることです。

今の職場に不満がある人もいるでしょう。職場の上司が怒りっぽい、いじめがあるなど人間関係で仕事を辞めようと考えている人もいます。そうした理由を親に伝えるのは、心配をかけたくないという思いもあり、勇気がいるかもしれません。しかし伝えるなら、親は人間関係で悩んでいるあなたに無理に会社に留まるよう強要したりはしないでしょう。

仕事を辞めたい理由が、忙し過ぎて家庭を顧みることができないというのもあるでしょう。「もう少し家族のために時間を作りたい」と親に伝えれば、親は子どもの離婚などは望んでいませんので理解してもらえるかもしれません。

同じ職種で高給な仕事を探す人もいるでしょう。そうした理由で転職を考えている場合、自分の職種の給料の相場と自分が今貰っている給料を伝えるとよいかもしれません。

職種が自分に合わないことに気づき、職種ごと変える人もいます。自分が今の仕事でどれだけ苦労しているか、ストレスになっているかを話すとよいでしょう。

高給取りにも関わらず、スローライフにあこがれて、地方都市の仕事を探す人もいるでしょう。自分の価値観はお金だけではないことを親に伝えるなら、わかってくれるかもしれません。

転職エージェントを使って在職中に次の仕事を決める

親が転職に反対しているのを和らげる別の方法は、転職エージェントを利用し、次の仕事を決めてしまうことです。親は無職になって、子どもが路頭に迷うことにならないかと心配になります。次の仕事に目途が立っていれば、親は安心して反対も和らぐでしょう。

しかし在職中に次の仕事を見つけるのは簡単ではありません。せいぜい転職サイトで仕事を探す程度でしょう。新たな仕事の面接を受けるとなると、さらに難しくなります。仕事を行いながら、新たな仕事の面接のために早退や休みが許されるわけもありません。

ところが、転職エージェントを利用すると次の仕事を探し、面接することは可能になります。転職エージェントは、あなたの希望を聞き、仕事を探してきてくれます。面接についても、新たな仕事の採用担当者と掛け合い、あなたの都合のよい日程を組んでくれるのです。

親を安心させるためにも、次の仕事が決まってから今の仕事を辞めるのがよいです。そうであれば、転職エージェントの利用はおすすめです。

親が反対していたら次の仕事を決めて安心させる

仕事辞めたいのに親が反対しているときは、まずは自分が転職したい理由を伝えましょう。親はあなたの味方ですので、きちんと説明すればわかってくれます。それと同時に親を安心させることも大切です。次の仕事の目途が立っていることを伝えたなら、親の反対は和らぐでしょう。

在職中に次の仕事を決めるのは難しいです。自分の体は1つなのでうまくいきません。そんなときには転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを利用すれば、在職中でも次の仕事を決めることが容易に可能です。転職エージェントを利用して親を安心させてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る