意外と多い!仕事辞めたいと思う理由にはどんな事柄があるの?

意外と多い!仕事辞めたいと思う理由にはどんな事柄があるの?

16view

2018.08.02

仕事を辞めたくなることは誰にでもある!

思い描いていた仕事と違う!

仕事は、人間が生活していく上で重要なお金を得るために絶対に必要なことです。ただ、仕事をしていく中で誰もが仕事を辞めたい!と思うことがあるのです。その理由にはいくつもあるのですが、その理由の一つとして仕事内容が自分の思い描いていた事と違うという点があります。

例えば、ある程度自分のやりたい仕事が明確になっていて、それに対してリサーチして行くことになります。ある程度その仕事の過酷さなどが把握できる状況であれば良いのですが、全業種把握できるわけではありません。更に、ぱっと思いついたようにして仕事を選ぶと、リサーチすら怠ってしまうこともあります。

これで、実際に就職してみるとイメージと違う!という事態が発生してしまうことがあるわけです。

ブラック企業で過酷な労働を強いられる!

働き方改革が叫ばれている中で、今でも残念ながらブラック企業と呼ばれる会社が存在しています。違法的に長時間の労働を強いられ、それに対してのサポート体制も無い会社は、残念ながらまだまだ多いのです。ブラック企業は求人情報から見出すのは難しく、口コミ情報などをしっかりと把握してそのような企業には就職しない事も重要です。

個人的な要因も大きい!?

仕事に対して、どこか幻想を抱いている方も多いのではないでしょうか?会社は、利益をあげることによって成長し、また従業員に対して対価として給与を支払うことができるのです。よって、従業員として働くということは、その仕事のプロとならなければならないのです。学生時代にアルバイトなどで働くケースもありますが、それでも正社員とアルバイトではまた扱いが変わってきます。

いつまでも学生気分で安易に働き始めると、どうしても辞めたいと感じてしまうものです。如何にプロフェッショナル意識を持って働くことができるかも重要ですね。

自分ではどうしようもない要因で辞めたくなる!

業績悪化で給与カットされることも!

先に解説しましたが、会社で働いて対価として給与を得ることで、生活を養っていくという側面があります。その対価である給与は、企業によって求人情報の中で必ず明確になっています。ただ、この給与は業績次第ではカットされる可能性もあります。労使交渉によって守られている部分もありますが、そもそも会社が存在してこそ働くことができるというのも一理あります。

よって、給与カットされても仕方ない面があります。仮に給与カットされると、同じ仕事をしていても給与は減らされることになり、どこか虚しさを感じてしまうことが多くなります。これにより、モチベーションが低下していき最終的に仕事を辞めたいと感じてしまうのです。

福利厚生も重要なファクター!

会社を選ぶ上で、どうしても給与面に目が行きがちですが、実は重要なのは福利厚生です。福利厚生には様々なものがありますが、例えば、通勤費も福利厚生の一環として行われるケースがあります。近所の会社で働くならまだしも、通勤に1時間以上かかると毎日の通勤費も相当な額となります。なんでそこまで遠い所にお金をかけて通勤しなきゃいけないだろうか、という気分になり、徐々に仕事を辞めたくなります。

他にも、手当関係が充実していると、逆にこの会社でよかった!と感じることもあるでしょう。

人間関係で悩むことも多い!

学生時代でも多くあるトラブルとして、人間関係があります。人間はロボットと違って感情がありますし、個人で性格の違いもあります。また、派閥を作りたがる傾向もありますよね。会社がある程度円滑に運営するためには厳しさも重要です。ただ、その厳しさはあくまでも信頼関係があってこそ成り立つものです。

その点で、人間関係が円滑に行かないと、会社としても良いアウトプットを生むことができません。仲間はずれにされてしまうと、精神的にも辛く、会社を辞めたいという意識が強くなってしまうのは致し方ない面もあるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る