仕事辞めたい理由が上司に怒られることの場合は原因を考える

仕事辞めたい理由が上司に怒られることの場合は原因を考える

83view

2018.08.02

仕事辞めたい理由が上司に怒られるときに考えること

上司に怒られたときに仕事を辞めたくなる

仕事を辞めたくなる瞬間はたくさんありますが、多くの人が理由にあげる1つは上司に怒られたときです。どんな理由にせよ、怒られるのが好きな人はあまり多くいません。ときには自分が原因ではないのに怒られてしまうこともあるでしょう。そんなときは特に仕事を辞めたくなるものです。

怒られたことに対して頭をすぐに切り替えられる人は仕事を辞めることを考えないでしょう。しかし、怒られたことをくよくよと考えてしまう人は気をつけなければなりません。気をつけなければ精神的な病気になってしまうからです。

くよくよして考えてしまう期間が長引くと、不眠症や拒食症、過食症、うつ病を発症してしまう人がいます。こうした病気になってしまうと、自分の仕事に大きな影響を与えるのです。特に不眠症になれば、仕事中に集中できずミスをして再び上司に怒られることもあるでしょう。

あるいはうつ病になれば、最悪の場合、ベッドから起き上がることができなかったり、死ぬことさえ考えたりするのです。とにかく我慢すれば良いという考えはしない方がベストです。

上司が怒るのは期待の表れの可能性も

仕事を辞めることを考える前に、上司に怒られる理由を分析することは大切です。なぜなら、それは期待の表れであることも考えられるからです。

上司の中には、本当にあなたを育てたいと考えている人もいます。ときには、つい大きな声をあげたり、こんこんとお説教をしたりする上司もいます。それを単純に怒られたで片づけて仕事を辞めてしまっては、せっかくの仕事や社会常識を身に付ける機会を逃してしまうのです。

上司が期待しているかどうかは普段の接し方でわかる場合もあります。もし、上司が怒るだけで他の接触がほとんどないならば、期待されている可能性は低いかもしれません。一方で、上司がよく接触してきて、褒めることもあるのであれば、期待されている可能性も高いです。上司に怒られたということも、他の人から見ればうらやましく思われていることもあるでしょう。

上司が期待しているのかどうかを見分けるためのポイントは、怒られた内容です。上司の話し方に注目するのではなく、内容に注目すると納得できる部分があるかもしれません。どうしても話し方が気になってしまう場合もありますが、自分の言葉に置き換えて内容だけに注目してみてください。

パワハラ系の上司に怒られる場合は転職を考えるのもあり

上司に怒られる理由を分析して、どう考えても自分に問題があるというより、上司に問題がある場合もあります。それが、最近ニュースでも取り上げられるパワハラ系の上司です。

先ほど考えていたように、このパワハラ系の上司は話し方がまずいというだけではありません。上司の性格的に問題がある場合もあるのです。部下に当たり散らす上司や部下が行ったことを自分の手柄にする上司は、部下の成長や会社のことなどを何も考えずに怒っている可能性が高いです。こうした上司の下では、楽しく働くのは難しいでしょう。

こうした上司の下でも、上手にストレスを貯めないように仕事を行える人もいます。しかし、他の人と比較してはいけません。怒られたときの受け止め方は人それぞれです。他の人が我慢できたことからといって、すべての人が我慢できるとは限らないのです。

現在は多くの職種で人手不足です。そのため転職サイトや転職エージェントという仕事が存在します。利用する際に、職場環境のリクエストをするなどしてもいいでしょう。

怒られる理由を分析してパワハラ系上司なら転職をしよう

仕事辞めたい理由である上司に怒られる点について考慮しました。仕事を辞めることを考える前に、怒られる理由を分析することは大切です。それは期待の表れである場合もあるからです。しかし自分のことしか考えないような上司の場合、単なるパワハラです。

怒られてくよくよする状況が続くと、精神的な病気になることもあります。現在は多くの職種で人手不足でもありますから、パワハラ系の上司がいる場合は、積極的に転職を考えてみるのも方法です。転職エージェントは職場環境のリクエストにも答えてくれますからおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る